聖隷クリストファー中・高等学校
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

救急法講習会

7月24日(金)の午後、消防署職員の皆さんを講師に迎えて普通救命講習を行いました。

本校ではこの普通救命講習が定期的に行われており、今回は各クラス、部活動の代表の生徒や教職員40名が参加しました。

今回も、まず救命法を学ぶ意義についてお話を伺ったあと、実技講習を受けました。ダミーを用いて、心肺蘇生法(人工呼吸・胸骨圧迫による心臓マッサージ)、AEDを用いた除細動を学びました。また、大出血時の止血法も教えていただきました。

本校にも、AEDが3箇所に設置されていますが、緊急時に落ち着いて対応するためには、やはりこうした講習をきちんと受けておくことが大切。新しく学ぶことも多く、参加者たちは皆真剣に講習に取り組んでいました。

夏休みに入り、普段とは違う場所を訪れたり、野外での活動も増えます。毎年、全国で、水難事故や交通事故などが発生します。また、暑い中での活動で、熱中症などにかかったり、気分が悪くなる、という場面に遭遇することもあるかもしれません。今回の講習での学びを、もしものときに活用できたらいいですね。


PAGETOP