聖隷クリストファー中・高等学校
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

中学3年生音楽鑑賞会 ジョン・カミツカ ピアノコンサート

5月28日(木)の午後、中学3年生48名は、音楽の授業の一環として「ジョン・カミツカ ピアノコンサート」に足を運びました。コンサート会場は遠州栄光教会。木造の美しい教会です。

ジョン・カミツカ氏は日系三世アメリカ人で、現在はニューヨークを本拠として、アメリカ各地、ヨーロッパでも活動をされています。日本にも年に一度演奏旅行をしておられ、浜松にもいつも立ち寄ってくださいます。

今日は、前半にこども園の年長さん60名も参加したため、イベール作の「小さな白いロバ」という物語性のある、素敵な曲から始まりました。ショパンの「別れの曲」に続き、社会福祉学部準教授の柴崎先生との連弾でモーツァルトのピアノソナタ381番。明るく、とても楽しい曲でした。

こども園の園児さんが帰ってからの第2部は、カミツカ氏が一番お好きな作曲家である、ベートーベンのソナタ第23番へ短調(『熱情』ソナタとして知られています)。ベートーベンの壮絶な人生について、そして『熱情』が生まれた経緯などを詳しくお話くださってから、20分以上にわたる情熱的な演奏を披露してくださいました。

プロの演奏、しかもこんなに間近に聴かせていただき、生徒たちもみな真剣に聴き入っていました。「ピアノを習っている子は?」とカミツカさんに訊かれ、誰も答えられなかったものの、複数がピアノや他の楽器を習っており、帰り道では、「すごかったよね!」「あんな風に弾けたらいいのに!」と興奮気味に話していました。

非常にすばらしい経験をさせていただきました!


PAGETOP