聖隷クリストファー中・高等学校
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ロンドンパラリンピック水泳銅メダリストの鈴木孝幸さんが来校しました。

9月29日(土)朝の礼拝で、本校卒業生で今夏のロンドンパラリンピック水泳銅メダリストの鈴木孝幸さんに、全校生徒に向けてお話をしていただきました。
鈴木さんは2004年 アテネ、2008年 北京、2012年 ロンドンと3大会連続のパラリンピックに出場されており、今回のロンドンでは、150m個人メドレーと50m平泳ぎにおいて銅メダルを獲得しました。
礼拝でのお話の中で、「人生には3つの坂があり、それは上り坂と下り坂そして、“まさか”である。実は、中学のときに水泳を一度やめており、まさか自分が高校で水泳を再開し大学・社会人と、現在まで続けてこれるとは思わなかった。今、水泳が一番輝ける場所だと思える。」とおっしゃっていました。
在校生へ、「チャンスはどこに転がっているか分からない。聖隷クリストファー中高には『労作』の授業など他校には無いプログラムがある。そんな授業や学校生活全体にしっかりとアンテナを広げ、やりたいことを見つけ、それに一生懸命打ち込んで欲しい。一生懸命やっていれば、必ず“壁”にぶつかる。頑張っているからこそ、課題が見えてくる。」というメッセージを送ってくれました。
その後、中学1年生の授業に参加し、自己紹介・中学生時代の思い出や水泳のお話、生徒からの質問に答えてくれました。
鈴木孝幸さん、本当にお忙しい中、母校の後輩たちのためにお時間を作ってくださいまして、ありがとうございました。


PAGETOP