聖隷クリストファー中・高等学校
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

アジア学院から研修生が来校しました!

11月13日(水)午前、長年にわたって本校と交流のあるアジア学院から研修生31名と引率者4名が来校し、本校生徒とクリストファーこども園の園児と交流しました。

1時間目は高1の英数科(101・102HR)、2時間目は高1普通科(104・105)と高2普通科(205)の生徒たちが、研修生に様々な質問をし、研修生の母国の状況や、アジア学院での学びを教えていただき、生徒たちは国ごとの様々な状況や価値観の違い、そして国際社会の中で何が本当に必要とされているのか等について知りました。英語を上手に使える生徒ばかりではありませんでしたが、ジェスチャーやイラストなどを使いながら精一杯伝え、そして理解する努力をしていたのが印象的でした。

3時間目は校舎北側の野外ステージでクリストファーこども園の園児と交流し、4時間目はクリストファーホールにて中学1・2年生が日本伝統の遊び(かるた、あやとり、折り紙等)を紹介しました。また研修生の名前に漢字を当てた色紙(写真参照)を研修生一人ひとりに手渡し、喜んでいただきました。

研修生は今回西日本研修旅行の最中で、この後東海・関西そして九州方面まで足を伸ばされるそうです。

アジア学院は1973年の創立以来、アジア、アフリカ、太平洋諸国等の農村地域から、その土地に根を張り、その土地の人々と共に働く“草の根”の農村指導者(Rural Leader)を学生として招き、栃木県那須塩原のキャンパスで、国籍、宗教、民族、習慣、価値観等の違いを認めつつ、公正で平和な社会実現のために、実践的な学びを行っている学校です。(詳しくは以下のリンクをご覧下さい。)

アジア学院HP


PAGETOP